【健診センター学校検診の違い】おすすめの看護師バイトは?

バイト看護師におすすめな健診センターと学校検診の特徴について説明しています。

健診センターと学校検診の違い。おすすめの看護師バイトは?

 

検診・健診の看護師求人がおすすめの3つポイント

ポイント1・好きな時だけ働ける!単発・短期でもOKのシフト完全自由なおすすめな看護師バイト

「子供が小さいから、毎日働くのは難しい・・・。でもブランクも心配だし、マイペースに働ける仕事ないかな~?」

「単発のバイトってなかなかないよね・・・。都合のつく時だけ単発で働きたいなんてワガママかな?」

一般的な看護師バイト求人は、週2回以上からの求人が多く、曜日や時間固定のため、都合に合わせて働くことが出来ませんでした。

でも検診・健診バイトは、都合に合わせてシフトを自由に調整でき、単発や短期での仕事も可能なので、ダブルワークの方やママさんナースにも働きやすい(´∀`)

好きな時に好きなだけ働ける検診・健診バイトは、マイペースに働きたい方におすすめの看護師バイトです。

ポイント2・残業は一切なし!仕事とプライベートの両立が出来るおすすめな看護師バイト


「職場復帰したいけど、病棟も外来も残業があるから迷っちゃう・・・。残業がない仕事なんてあるの?」

「バイトしたいけど、仕事とプライベートの両立が出来るか不安・・・。」

看護師の仕事では、残業が一切ない職場はとても少なく、働きたくても働けないというケースが多く見られました。

でも、検診・健診バイト看護師なら、急変対応や看護記録など、病棟や外来の残業の原因となっている業務がないため、残業の心配がありません。

勤務時間をいくつかのパターンから選ぶことができるから、働きやすい時間でストレスなく働くことができます(´∀`)

確実に定時に帰れるから、仕事が終わってからのスケジュールも安心して立てられますよ。

ポイント3・医療行為がほとんどないからブランクナースも安心のおすすめな看護師バイト

「もうブランクが10年もあるから、今さら職場復帰は諦めてる・・・。」

「採血なんてずっとやってないから、もう感覚を忘れちゃって怖い・・。」

ブランクナースは、医療行為への不安が強く、職場復帰に躊躇してしまうケースが多く見られました。

でも、検診・健診バイトなら、医療行為がほとんどないからブランクナースでも安心して復職する事ができます。

採血や心電図などは、経験者やフルパートのスタッフが担当することが大半で、希望をしなければ担当する必要がありません。

採血や心電図に不安がある方は、事前に伝えておくことで、苦手な医療行為を担当することがないので安心ですよ(´∀`)

健診バイトにおすすめな看護師転職サイトランキング




おすすめの看護師バイトならコレ!


 

看護師バイトにおすすめはどっち?健診センター看護師VS学校検診看護師

健診センターが看護師バイトにおすすめの3つのポイント!

ポイント1・健診センターの看護師バイトなら時給2,000円以上の高給求人あり!

「健診の仕事って安いって聞くけど・・・どうなの?」

「バイトで時給2,000円以上なんてあるの?ハードワークなんじゃない?」

看護師バイトの求人で時給2,000円を超えるものはハードワークな職場が多かったり、高給な求人は首都圏だけに集中していて探せないということが多く見られました。

でも、健診センターのバイトなら時給1,800円~2,000円と高給で、完全予約制のため比較的に落ち着いた環境で働くことができます。

仕事寮や業務内容に比べて時給が高く、短期間で効率よく稼ぎたい方に人気の働き方です(´∀`)

ポイント2・健診センターのバイト看護師なら研修やサポート体制が充実している!未経験でも安心

「健診の経験なんてないから不安・・・。サポート体制なんてあるのかな・」

「健診センターって、検査項目が多くて大変そうだな・・。」

一般的な看護師の職場では、新規採用のナースにはサポート体制が充実している職場が多くても、中途採用やバイト採用のナースにはサポートが不十分というケースが多く見られました。

でも健診センターは、大半のスタッフがバイトや派遣などの非常勤スタッフであり、1年を通して中途採用があるため、職場全体でのサポートが一般的です。

また、常勤やフルパートのスタッフがマンツーマンで指導にあたったり、充分な研修期間を設ける施設が多いため、全くの未経験者でも安心して働くことができますよ(´∀`)

ポイント3・健診センターのバイト看護師なら完全予約制だから残業がほとんどなし!

「健診センターって忙しそうだし、残業もあるんでしょ?」

「完全予約制でも時間内に業務が終わらないこともあるよね・・・」

病棟や外来は完全予約制の職場が少なく、急変時や緊急入院などイレギュラーな対応が多いため、残業のない職場はわずかでした。

でも、健診センターは完全予約制であることや、対象者は健康な方であるため急変などのイレギュラーな対応がない事から、定時で仕事を終えることができます。

また、完全予約制だから1日のスケジュールを把握しやすく、スタッフ間で仕事の融通を図る事ができるため、残業になることはありません。

検診センター看護師のメリット・デメリットは?

学校検診が看護師バイトにおすすめの3つの理由

ポイント1・学校検診バイトはシフト完全自由だから都合に合わせてマイペースに働ける

「シフト完全自由のバイトなんてあるの?休み希望って言いにくいけど・・・。」

「バイト探してるんだけど、週に最低2日以上の求人ばっかり。」

看護師バイト求人は、週2~3日以上の募集が大半で、時間や曜日も固定であるケースが多く見られました。

でも学校検診の看護師バイトは、シフトは自己申告制で完全自由

自分でカレンダーに出勤希望日を書き込むスタイルだから、休み希望が伝えにくいということもありません。

自分の都合に合わせてシフトを作る事ができるし、単発や短期で働くこともできるので、ストレスも溜まりません。

ポイント2・学校検診バイトは繁忙期が限られているから7~8月は長期間休める

「子供が小学校に上がったばかりで、夏休みとか長期休暇は留守番させられないし・・・。」

「子供の長期休暇に合わせて休める仕事なんて、なかなかないよね・・・。

一般的な看護師バイト求人は、繁忙期のある職場が少ないため、長期間の休暇を取る事が難しいケースが多く見られました。

でも学校検診の看護師バイトなら、繁忙期は4~6月、9~10月に限られいて、学校が長期休暇の時には仕事がないため、幼稚園や小学生のいるママさんナースには働きやすい条件が揃っています。

子供の長期休暇がネックで職場復帰できない方でも、学校検診バイトなら安心して働くことが出来ますよ(´∀`)

ポイント3・学校検診バイトは30~40代のママさんナースが大半だから育児の理解が得られる

「育児に理解のある職場ってなかなかないよね・・・。」

「子供の急病で欠勤する時って申し訳なくて、胃が痛くなっちゃう・・。」

病棟や外来は独身ナースが中心で、育児中の看護師が活躍できる職場がありませんでした。

でも学校検診の看護師バイトなら、30~40代の育児中の看護師が中心で、育児への理解が得られる環境です。

育児への理解があるから、子供の急病による急な欠勤でも、快く受け入れてくれるので安心です(´∀`)

学校検診看護師のメリット・デメリットを教えて!

おすすめの看護師バイトサイトランキング






おすすめの看護師バイトならコレ!


健診センターVS学校検診/高給におすすめな看護師バイトなのはどちら?

健診センター看護師バイトの時給はどのくらい?

病院併設の健診センター・クリニックの健診センター

病院やクリニックに併設している健診センターや健康管理センターの時給は施設により差が大きいが、時給1,600~1,800円前後が多く、時給2,000円以上の求人も少なくありません。

看護師は常勤やフルパートのスタッフが多く、単発や短期での求人は少ないです。

病院・クリニックでの健康診断業務は、1年を通してコンスタントに求人があるため、安定した給料を稼ぎたい方におすすめです。

予防医学センター

予防医学センターは、都道府県に数箇所あり、巡回検診・企業検診・施設検診・施設内検診などを行っています。

予防医学センターの看護師業務は、巡回検診の割合が高く、学校検診の時期には派遣やバイトのナースが多く見られます。

主に公立の小中学校を巡回する業務で、検査項目は学校保健法により定められているため、人間ドッグのように幅広い検査項目がないため業務は単調なことから、時給は低めの設定が多いです。

各自治体により違いますが、時給1,400~1,600円ほどの求人が多いです。

予防医学センターは、学校検診の繁忙期前の求人が多いため、1年を通してコンスタントに求人を見つける事が難しいのがネックです。

コンスタントに稼ぎたい方には、病院・クリニック併設の健診センターの方がオススメです(´∀`)

結核予防協会

公益財団法人が運営する結核予防協会は全国に拠点があり、人間ドッグ・健康診断・健康相談などを行っています。

学校や企業への巡回健診が多く、各自治体の健康福祉センター内に併設されているケースが多いです。

そのため公的な業務が多く、バイト看護師の時給は低く、時給1,200~1,500円前後が相場です。

結核予防協会の看護師求人は、ハローワークなどで一般募集されることは少なく、求人の枠は狭いと言えます。

1年を通してコンスタントに給料を稼ぎたい方や、コンスタントに働きたい方には、病院・クリニック併設の健診センターの方がオススメです(´∀`)
健診センター看護師の給料について(^ω^)ボーナスや福利厚生も充実!

時給で選ぶなら健診センター看護師バイトの方がおすすめ

週2日以上働けるなら健診センターのバイトがおすすめ

健診センターでの看護師バイト求人は、週2日以上の募集が大半です。

月1~2回からOKのバイト求人もありますが、多くの求人は曜日や時間固定となっています。

週2日以上の勤務が可能なら、学校検診でのバイトよりも健診センターでのバイトの方が時給が高いのでおすすめです。

健診センターの看護師バイト求人は、早出・遅出、半日・1日・時短など、出勤パターンを選ぶことができるので、都合に合わせた働き方が出来ますよ(´∀`)

 7~8月、12月、3月などの長期休暇がある時期は繁忙期

学校検診は、学校保健法により「4~6月までに学校検診を実施すること」と定められているため、どこの学校も健康診断の時期が被るため、学校検診の繁忙期は4~6月となります。

一方、健診センターは4~6月は通常業務である事が多く、教育関係の仕事をされている方などは春・夏の長期休みに人間ドッグをする方が多いため、普段よりも予約が多くなります。

つまり、健診センターの繁忙期は、学校の長期休暇である7~8月、12月、3月だと言うことですね。
健診センターの派遣看護師の体験談(^ω^)扶養範囲内で働くには、週何日働ける?

学校検診看護師の時給はどのくらい?

学校検診看護師バイトの時給が安い2つの理由

理由1・公的な業務だから(公立小中学校が主な対象だから)

学校検診看護師は主に、予防医学センター・結核予防協会などから派遣されます。

どちらも公的な機関のため、私立の健診センターに比べると時給が低いです。

また、派遣先は公立の小中学校のため、業務は公的なものとなるため、時給は低く相場は1,200~1,500円前後が多いです。

理由2・医療行為がほとんどなく業務が単調だから

健診センターは、各種オプション検査があり、検査部位により項目が多数に渡ります。

被験者により検査部位やオプションが異なるため、検査の手順や方法を覚えるだけで大変です。

でも、学校検診は、学校保健法により定められた検査を行うので、検査の内容・手順・方法を覚えることは難しくありません。

そのため、学校検診バイトなら単発での仕事が可能です。

また、学校検診バイトでは医療行為はほとんどなく業務が単調なため、時給が安く設定されていることが多いのです。

学校検診なら扶養範囲内で働ける3つの理由

理由1・シフト完全自由だから給料額の調整が簡単

学校検診バイトのシフトは、自己申告制が基本です。

事前に1年間の出勤希望日数(年間に何日くらい働けるか)を聞き、希望日数と同じくらいの出勤日数になるように調整するケースでは、曜日固定や時間指定はなく、翌週の勤務の希望を前の週に聞くので、自由度はかなり高いです。

扶養範囲内に収まるように自分で勤務日数を調整する事ができるので、扶養範囲を超えそうな月は仕事をセーブする事ができます。

理由2・春・夏の長期休暇は仕事がないため給料額が調整しやすい

扶養の考え方はご主人の勤め先により異なり、ご主人が国家公務員の場合は、ひと月でも扶養範囲を超えてしまうと扶養から外されてしまいますが、民間企業では1年間の合計所得が扶養範囲の金額を超えた場合に不要から外されるケースがあります。

扶養の考え方については、事前にご主人の勤め先に確認が必要です。

1年間の合計所得で扶養範囲を決める職場の場合は、学校検診の繁忙期に週4~5日でバリバリと働いて、春・夏の長期休暇はまるまる休んで調整するという事もできます。

ただ、ご主人の勤め先が、妻の妻の所得を毎月確認する場合は、週4~5日でバリバリ働いてしまうと、ひと月の合計が扶養範囲を超えてしまうので注意が必要です。

理由3・単発や短期での勤務が可能だから

学校検診の仕事は、春・夏の長期休暇は仕事がないため、他のバイトやパートと掛け持ちをしている看護師も多いです。

学校検診の仕事がない時期に、他のバイトを掛け持ちしている場合は、注意をしないと扶養範囲を超えてしまいます。

学校検診バイトは、単発や短期での勤務が可能なため、扶養範囲を超えそうな時はイレギュラーに仕事に入ることができるので、給料額の調整ができます。

学校検診バイトは扶養範囲内で働く看護師が多いため、予定していた出勤を取りやめても、周りの理解があり迷惑がかかる事もありません

健診センターと学校検診の違いとおすすめは?看護師バイトの役割と仕事内容について

健康診断と人間ドッグの5つの違い

違い1・検査を受ける時期の違い


健康診断は、労働安全衛生法により1年に1回以上の検査を行うように、法律で決められています。

人間ドッグは、法的な決まりはなく、自主的に行う検査であるため、実施の必要性は個人が判断して決めます。

違い2・検査項目の違い


健康診断は厚生労働省により、検査項目が決められており、自分で選択する事は出来ません。

人間ドッグは、検査項目が決められていないため、目的に合わせて検査項目を自分で選択することができます。

違い3・費用の違い


健康診断は公的な検査であるため費用負担がない、もしくは低料金での検査が可能である。

人間ドッグは公的な検査ではないため、健康保険の対象外になる事が多く、料金は高額になることが多い。

違い4・疾病発見率の違い

健康診断は検査項目が最小限であるため、疾病発見率は人間ドックに比べて低い。

人間ドッグは、検査項目が多い事から、多角的に診断ができるため、疾病発見率が健康診断に比べて高い。

違い5・意味合いの違い


健康診断は公的な制度であるため受動的に受ける方が多い。

人間ドックは、既往歴や家族歴、年齢など、検査の必要性を感じ、自らの意思で検査を受ける方が多い。

健診センターの検査項目と看護師バイトの仕事内容

 

健診センターの看護師バイトの役割について

健診センターでは、異常の早期発見や健康維持の目的で一般健康診断やがん検診、人間ドックなどが行われています。

健康診断・人間ドックともに、異常の早期発見と健康維持を目的に行われるため、検査にはミスのないように行わなければ意味がありません。

健診センターでは、一般健康診断からオプションでの人間ドックまで、様々な検査項目があり、検査項目によって必要な処置・手技・物品などが異なります。

採血のオプションは多彩で、それぞれにスピッツの種類や本数が違います。

採血の項目を見ただけで、スピッツの種類や本数が合っているのか判断しなければなりません。

もちろん、受診者の取り違いや、検体のミスがないように、ダブルチェックを行い、慎重に検査を行う必要があります。

看護師の役割は、検査が正確にスムーズに行えるようにサポートする事にあります。

健診センター看護師バイトに必要な看護スキル

健診センターは完全予約制とは言え、毎日多くの受診者が訪れます。

一般健康診断は短時間で終了するのに比べ、人間ドックは拘束時間が長く、高齢者や健康障害がある方には待ち時間や検査時間が苦痛に感じる事があります。

看護師は、受診者の体調を確認しながら、無理なく待ち時間が過ごせるように声かけをしたり、サポートする必要があります。

また、1日に多くの受診者の採血を行う必要があるため、採血の技術は重要です。

人間ドックでオプションの採血を追加している場合は、スピッツの本数が多いので、真空管の太めの針でしっかり採血をしなければ、採血量が足りなくなってしまうことがあります。

学校検診の検査項目と看護師バイトの仕事内容

 

学校検診看護師バイトの役割について

学校検診は、生徒の健康状態の把握のために学校保健法で定められた検査です。

健康的な日常生活が送れるための検査であり、異常の早期発見や健康維持の目的で行われています。

そのため看護師は、正確に検査が行われ、的確に診断が行えるようにサポートをする必要があります。

特に小学校低学年の子供は、検査の必要性や、検査の説明が伝わりにくく、検査結果が不正確になる可能性があるため、しっかりとした声かけとサポートが必要です。

学校検診看護師バイトに必要な看護スキル

学校検診では、栄養状態・健康状態・貧血の有無などを確認するために採血を行う自治体が多いです。

学校検診は午前中に1件の学校、午後にも1件の学校と言うように、1日に2件の巡回検診を行う事が多いため、採血は集中的に行う事が多いです。

特に生徒の人数が多いマンモス校では、1人の看護師が50~100人の採血をする事もあり、手早く正確な採血の技術が必要になります。

検診・健診のおすすめな看護師バイトは単発でも可能?

健診センターの短期派遣体験談(^ω^)ダブルワークの注意点や税金について

単発の検診バイトなら学校検診バイト!

学校検診バイトが単発可能な3つの理由

理由1・業務が単調

学校検診バイトの検査項目は14項目あり、検査内容については学校保健法により定められているため、覚える事はそれほど多くありません。

健診センターのように、オプション検査や医療行為が必要な検査はほとんどなく業務が単調なため、単発バイトで職場に入っても、スムーズに仕事をする事ができますよ。

理由2・医療行為がほとんとない

健診センターの人間ドッグやがん検診では、内視鏡検査・糖負荷検査・数種類の時間差で行う採血など、医療行為が多くあります。

でも、学校検診における医療行為は採血と心電図が主なもので、難しい医療行為はなく、ブランクナースや未経験ナースでも単発バイトに入る事ができますよ。

理由3・派遣やバイトの非常勤ナースが多いためスタッフにゆとりがある

学校検診バイトの看護師は、派遣やバイトなど非常勤ナースが大半であり、登録制であるため、スタッフ人数にゆとりがあります。

そのため、未経験ナースが1人で部署を担当する事はなく、経験者とペアになり、仕事を教わりながら業務に入ることが可能です。

ペアになるナースがサポートするので、単発や短期で仕事に入ってもスムーズに業務に慣れる事ができますよ(´∀`)

学校検診の看護師バイトなら単発や短期で働ける!

週2日以上の勤務が可能ならおすすめは健診センターバイト

健診センターは単発バイト求人が少ない3つの理由

理由1・検査項目が多く業務が複雑

健診センターは主に、人間ドッグ・健康診断・がん検診・特定疾患検診などを行います。

人間ドッグにはたくさんのオプションがあり、オプションの内容は各施設によっても異なります。

がんの検査項目には、呼吸器・消化器・脳などの部位があり、それぞれにオプション項目があります。

腫瘍マーカーをオプションで加える際には、検査項目によってスピッツの種類や本数が変わりますし、レントゲンやCT、エコーなどあらゆるオプションがあり、また1人1人で検査項目やオプションの内容が異なるので、慣れるまではミスがないように注意するだけでも大変です。

業務が複雑で、医療行為の種類も多いため、単発や短期でのバイトでは業務に対応するのが難しいので、単発や短期での募集は少ないと言えます。

理由2・医療行為が多い

内視鏡、採血、レントゲン、糖負荷試験、運動負荷試験など、検査項目が多く、それに伴う医療行為も多いため、業務内容や手順・手技を覚えるのが大変と言えます。

単発や短期バイトのように不定期で業務に入っても、なかなか業務を覚えられません。

そのため、健診センターの単発や短期バイトの求人数は少ないのです。

理由3・派遣・バイトの非常勤ナースが少ないため、スタッフにゆとりがない

健診センターは常勤・パート・フルパートのスタッフが多く、バイトや派遣のナースは少ないのが特徴です。

そのため、シフト制で早出・遅出の業務があったり、スタッフのゆとりがないと言えます。

派遣やバイトの看護師は登録制である事が多く、通常業務のスタッフに加えて不定期で業務に入るため、スタッフにゆとりが出ます。

健診センターでは、マンツーマンでのサポート指導が必要なため、単発や短期バイトでは勤まらないのが現状です。

健診センター看護師は単発・短期でも働けるの?シフトについて詳しく解説(^ω^)

健診センターバイトなら週2回からの勤務が可能な理由

理由1・担当のパートを決められる事が多いから

健診センターには様々な担当パートがあります。

問診、採血、心電図、レントゲン、CT、エコー、内視鏡など、各検査のパートに別れて業務を行うので、同じパートを担当する事で、早く業務に慣れる事ができます。

週2回以上で出勤が可能なら、同じパートの業務内容や流れを早く覚えられますし、担当パートの希望を出す事ができるので、慣れるまでは簡単なパートから担当させてもらうと自信もつきますね(´∀`)

理由2・他のスタッフとのシフトの兼ね合い

健診センターは、土日祝日、早朝や夜遅い時間まで対応している施設もあります。

診察時間が長い施設は、早出や遅出、土日出勤などのスタッフが必要となるため、週2回以上の勤務を求められる事が多いです。

シフトは他のスタッフとの兼ね合いもあるので、週2日以上の出勤が可能な方が優先的に採用されます。

理由3・1泊以上必要な健診(人間ドッグ)項目があるセンターでは、スタッフの確保が難しくなるから

病院やクリニックに併設された健診センターでは1泊や2泊での人間ドッグがあります。

健康診断や人間ドッグは健康な方が対象のため、夜間の看護業務はほぼありません。

1泊以上必要な健診での夜間の看護は、内視鏡検査前後の看護、時間を空けての採血・検尿、起床直後のバイタルチェックなど簡単なものばかりです。

夜勤が必要な健診センターでは夜勤スタッフを確保する必要があるので、日勤をカバーできるスタッフの募集があります。

日勤をカバーするスタッフとして、週2日以上の勤務が可能なバイト求人があります。

検診・健診のおすすめな看護師バイトはどうやって探すの?

おすすめな検診・健診のバイト看護師はどこで募集があるの?

保健センター

各自治体にある保健センターでは学校検診・特定疾患検診・がん検診などを行っています。

公的機関のため、常勤スタッフになるためには試験にパスする必要があります。

公的機関で待遇や福利厚生が充実しているため人気があります。

保健センターでは、大々的に看護師求人募集をする事はなく、学校検診の繁忙期前に看護師求人サイトでバイトや派遣看護師の募集があります。

予防医学センター

学校や企業への巡回健診、施設内での人間ドッグや健康診断などを行っている機関です。

公的機関のため、常勤スタッフになるためには試験にパスする必要があります。

学校検診の繁忙期前には、看護師求人サイトでバイトや派遣看護師の特集が組まれます。

結核予防会

予防医学センターと同じく、巡回健診や施設内での人間ドッグや健康診断・相談を行う機関です。

こちらの機関は、各都道府県にあり、大きな市には支店があります。

支店は総合保険センターなどの公的な機関に併設されている事が多く、業務内容は各支店により異なります。

胸部レントゲンと診断・相談のみ対応している支店や、人間ドッグ・巡回健診・健康診断・健康相談など、様々な業務を行っている支店もあります。

看護師バイトの求人数は少なく、看護師求人サイトで見つける事ができます。

病院併設の健診センター・クリニック

健診業務の看護師バイト求人の中で、いちばん求人数が多いのが、病院・クリニック併設の健診センターです。

病院・クリニックに併設された健診センターは、1年を通してコンスタントに求人があるため、ハローワーク・ナースバンク・看護師求人サイトなど、あらゆるところで求人募集を探す事ができます。

病院・クリニック併設の健診センターは、各施設によって給料や待遇の差が激しいので、より条件の良い健診バイト求人を希望する場合は、看護師求人サイトで探す事をおすすめします。

ブランクがあっても大丈夫!おすすめは検診・健診の看護師バイト

検診・健診の看護師バイトにブランクナースおすすめな3つの理由

理由1・医療行為が少ない

健診・検診バイトは、病棟や外来に比べて難しい医療行為がないため、ブランクナースや未経験ナースでも安心して働くことができます。

ブランクナースの職場復帰では、採血業務に不安を持つ方が多いのですが、検診・健診バイトでは、最初から採血のパートを担当させる事はありません。

業務に慣れながら採血のパートも担当できるように慣らしていくので、ブランクの不安を少しずつ解消したい方におすすめです(´∀`)

理由2・健康な方が対象だから急変対応がない

健診・検診バイトの対象者は健康な方です。

そのため、継続的な看護の必要がありません。

検診・健診バイトの看護師は、検査がスムーズに進むようにサポートする事が重要で、対象者の背景や既往歴・疾患名などを考慮する必要がありません。

また、健康な方が対象のため、急変対応の必要がなく、ブランクが長い方でも安心ですよ。

理由3・看護記録、看護計画、アセスメントの必要がない

健診・検診バイトでは問診やバイタル測定値など記載する事はありますが、看護記録や看護計画の必要がないため、看護業務はそれだけ少ないと言えます。

個別のアセスメントも必要がなく、継続看護の必要もないため、特別な看護や医療の知識も必要ありません。

そのため、ブランクが長い方でも問題なく業務に入ることができます。

ブランクOK?健診センターナースとは?

ブランクナースも安心!検診・健診の事前研修について

学校検診バイトも、健診センターバイトも、単発や短期での求人では事前研修は行われない事がほとんどです。

学校検診の求人は、通常は毎年4月から勤務開始となるため、2~3月にバイト募集が始まります。

4月からの勤務開始に向けて、3月の下旬か4月の初めに事前研修が行われることが多いです。

事前研修の内容や期間は、求人先により異なりますが、研修期間が長い求人先では1~2週間ほど事前研修が行われる事もあります。

通常は2日間ほどで検診の流れや検査項目・業務手順の説明、採血の実技などの事前研修が行われます。

採血(貧血検査・小児生活習慣病検査)の事前研修

採血の事前研修では、実技が行われる場合と、採血模型での練習が行われる事があります。

事前研修に参加するナースが2人でペアになり、お互いの採血をして練習をします。

実際の血管の感覚と、練習模型の感覚は異なるので、実際に採血練習を行った方が感覚を思い出すのが早いです。

ブランクが長く採血に自信がないナースは多いのですが、実際に採血練習を行うと、比較的にすぐに感覚を思い出す方が多いので、それほど心配しなくても大丈夫ですよ(´∀`)

心電図の事前研修

学校検診の心電図検査は、看護師または臨床検査技師が行います。

臨床検査技師がいる場合は、臨床検査技師が心電図測定を行い、看護師は誘導やサポートを行います。

事前研修では、電極の装着場所の確認、12誘導の操作方法、オートでの測定方法などの実技を行います。

看護師2人でペアになり、お互いの心電図を測定します。

健診センターの場合は臨床検査技師がいるので、看護師が電極を装着したり、心電図測定をする機会は少ないです。

健診センターの事前研修でも、実際に12誘導を操作して実技を行います。

オージオメーターの事前研修

学校検診や人間ドッグの聴力検査ではオージオメーターを使用するため、事前研修では装置を実際に装着して実技を行います。

オージオメーターは簡易検査なので、電源を入れ、Hz・dbの設定ボタンを押しダイヤルを調整するという簡単な操作なので、事前に実技を行えば、問題なく検査を行うことができますよ。

健康診断や人間ドッグの聴力検査は、看護師や臨床検査技師が行っても良い事になっており、特に学校検診では看護師が聴力検査をすることが多いため、事前にオージオメーターの使い方の研修は受けておいた方がスムーズに業務に入れると思います。

 

眼科検診の事前研修

健康診断の視力検査は、眼科クリニックなどで行う視力検査とは異なり、3.7.0方式と言う簡易的な方法が取られることが多いです。

特に学校検診では、黒板の字を見るのに支障がないかという視点で調べるので、検査板から5メートル離れた場所から視力1.0、0.7、0.3の3つのポイントで、ランドルト環が見えるのかと、穴の空いた方向が分かるのかと言う点を調べます。

遮眼器の使い方、検査板からの距離のとり方、3.7.0方式の基本的な検査方法について事前に研修を行います。

ブランクナースでもできる!学校検診の仕事

検診・健診の看護師バイトが育児中ナースにおすすめな3つの理由

学校検診の看護師求人は育児中ナースに人気!

理由1・シフト自由で働きやすい検診・健診看護師バイト

「まだ子供が小さいから、なかなか決まった時間が取れなくて・・・。」

「子供の学校や園行事を考えると、なかなか働く決断が出来ない!」

一般的な看護師バイトのように、曜日や時間固定の働き方では、育児と仕事の両立が難しく、仕事が続けられなかったり、条件に合うバイト求人が見つからないケースが多く見られました。

でも検診・健診バイトなら、単発や短期での働き方が可能で、午前のみ午後のみのような時短勤務もできるので、仕事と育児の両立が可能です。

また、シフトは自己申告制で、働きたい時だけ働くことができるので、都合に合わせて自分でシフト表を作る事ができるので、ママさんナースにとても人気がある働き方です(´∀`)

理由2・子供の長期休みは仕事なし!検診・健診看護師バイト

「子供が小学校に上がったばかりで、春・夏の長期休みは仕事が出来ない・・・。」

「春夏の長期休みはまるまる休めるなんて、都合の良い仕事はないよね・・・?」

一般的な看護師バイト求人では、曜日や時間固定での募集が多く、春夏の長期休暇が取れる職場は限られていました。

でも健診・検診バイトなら、子供の長期休みは仕事がないため、子供の休みに合わせて休暇を取る事ができます。

春夏の長期休暇に休めるので、幼稚園や学童に入っていない小学生の子供がいても、安心して働くことができますよ(´∀`)

理由3・幼稚園児がいても大丈夫!残業なしの検診・健診看護師バイト

「幼稚園のお迎えがあるから15時には家にいないと!」

「残業があると疲れちゃって、家事とか育児が回らない・・・。」

病棟や外来のバイト求人では、残業が多く、育児と仕事の両立が出来ないと言う方が多く見られました。

でも検診・健診バイトなら、完全予約制の仕事である事や、業務が単調である事から残業がほとんどないため、育児と仕事の両立が可能です。

残業なしなら、幼稚園のお迎えや、小学生の帰宅時間を心配せずに働くことができますよ(´∀`)

検診センター看護師は子育てナースがおすすめな理由

まとめ

学校検診と健診センターのバイト看護師のメリットについてまとめます。

学校検診バイトのメリット

メリットはシフト完全自由!

学校検診バイトは、シフト完全自由!

単発バイトやダブルワークの方にもおすすめです。

好きな時に好きなだけ働けるのが、学校検診バイトです。

学校検診看護師がシフト完全自由の理由を公開(^ω^)

健診センターバイトのメリット

メリットは高給!

健診センターは、高給!

健診センターの時給相場は、1,800~2,000円と高給です。

短期間で効率よく稼ぐなら、健診センターバイトがおすすめです。

公開日:
最終更新日:2017/11/17