健診センターor学校検診 おすすめの看護師バイト求人

バイト看護師におすすめな健診センターと学校検診の特徴について説明しています。

ブランクナースでもできる!健診センター・学校検診の仕事

学校検診の求人がブランクナース歓迎の3つの理由

理由1・学校検診は医療行為がほとんどない

ブランクナースにとって医療行為は不安に感じるポイントですよね。

ブランクが長ければ長いほど、医療行為の不安が強くなります。

学校検診の医療行為は採血と心電図

学校検診で行われる医療行為は採血と心電図です。

聴力検査でオージオメーターを使用しますが、機械はボタンとダイヤルで操作できるので簡単です!

ブランクナースにとって採血は不安要素が強いと思いますが、事前研修がある場合もありますし、検診の前にスタッフ同士で採血を実践する事もあります。

何回か実践すれば、すぐに感覚を思い出すので、全く心配は要りませんよ!

学校検診での心電図測定

学校検診では12誘導で心電図測定を行います。

12誘導と聞くと、ブランクナースの方はちょっと抵抗があるかもしれませんね。

循環器病棟では頻繁に使われる12誘導ですが、内科や外科病棟でもあまり使われる事はないので、使い方が分からないという方は多いのです。

12誘導は、電極板の装着方法さえ間違わなければ、機械はオート設定なので心配もありません

ただ、途中で記録紙がなくなってしまい交換が必要な時に、交換方法が分からない!という方が多いので、事前にしっかり交換方法を教えてもらいましょう。

学校検診では仕事をしながら業務の確認ができる

学校検診では、会場のセッティングや機材の運び出しなども看護師の業務です。

会場のセッティングはだいたい早く終わってしまうので、検診が始まるまでの時間で、採血や心電図などの研修を受けることができます

採血や心電図は、いくら事前研修を受けても、実践できなければ意味がないので、検診当日に慣れいているスタッフに声をかけて教えてもらうと良いですよ(´∀`)

学校検診はブランクナースが多いので、医療行為に自信がないという方は多いですし、慣れているスタッフも快く教えてくれるので遠慮なく聞いて、早く自信をつけましょう!

理由2・学校検診は急変対応がない


ブランクナースは急変対応に不安を感じる事が多いと思います。

病棟勤務であっても、急変対応が得意という方は少ないですし、あの独特の緊張感が苦手という方が多いものですよね。

学校検診では、対象は生徒なので急変対応をする事はありません。

ブランクが長く、急変時の対応方法を忘れてしまった方でも、全く問題ありません。

特別支援学校などへ学校検診で巡回する事もありますが、特別支援学校には数名の看護師が常勤やパートでいますし、医療ケアの必要な子供には常に学校看護師が傍についているので、急変時には対応してもらえます。

特別支援学校では、吸引が必要な子供や、酸素投与をしている子供もいますから、急変の可能性もありますからね。

でも、検診で訪問した看護師が急変時の対応を仕切る事はないので、不安になる事もありませんよ!

理由3・学校検診は看護記録・計画・アセスメントがない


学校検診では、検温の際に記録したり、視力検査の結果を記録する事はありますが、看護記録や計画、アセスメントの必要はありません。

ブランクナースにとって、看護記録や計画は抵抗を感じますよね。

ブランクナースは、医療行為への不安と、知識・経験不足の不安の両方があり、看護記録・計画・アセスメントは、不安要素の1つでもあります。

疾患への知識がなければ看護計画を立てる事も、アセスメントをして評価をする事も出来ませんよね。

でも、学校検診はスムーズに検査を進める事が看護師の大事な役割なので、知識・経験不足を不安に感じる必要はありません

健診センターの求人がブランクナース歓迎の理由

健診センターは教育体制・サポート体制が充実している

健診センターの教育体制について

健診センターでは入職後はマンツーマンでの指導があります。

病棟などでプリセプターがついてマンツーマン指導するように、健診センターでも業務の流れ・手技・手順など、しっかりと教育を行っています。

健診センターは基本的に日勤業務しかありませんから、常に教育担当の看護師とペアを組むことができます!

病棟だと、夜勤があったり、平日休みがあったりで、プリセプターとペアで勤務に入ることが難しいですよね。

でも、健診センターなら教育担当の看護師と一緒に勤務に入ることができるので、ブランクナースでも安心ですよ(´∀`)

健診センターのサポート体制について

健診センターではどの程度の期間のサポートが受けられるのかは施設によって異なります。

入職後2週間はみっちり研修期間という施設もありますし、入職後は業務に入りながら仕事を覚えていくという施設もあります。

健診センターでの検査は年々、精密検査や特殊検査ができるようになり、異常の早期発見率が高くなってきているので、それに伴い医師も看護師も研修が欠かせません。

そのため、定期的に研修に行く機会があったり、職場内で研修サポートを受ける事もできます

研修サポートが充実しているので、ブランクナースでも安心して働くことができますよ!

ブランクナースでも安心!学校検診の事前研修について

採血の事前研修

採血の練習方法

採血の練習には実技と、採血模型を使っての練習があります。

採血模型を使っての練習は、ブランクが長い看護師にとっては安心材料だと思います。

2人ペアになって採血の実技を行う時も、ブランクが長いと躊躇しますよね?

でも、慣れるまでは採血模型で練習をしてから実技なら、それほど難しく感じないと思います!

とは言っても、採血模型で練習できる機会は少なく、実技が基本の練習となることが多いです。

手袋をつけての採血

ブランクナースにとって、手袋をつけての採血は難易度が高いものです。

ただでさえ採血に自信がないのに、手袋をつけたら余計に感覚が鈍くなってしまいます。

手袋をつけていると、血管の弾力が分かりにくいですよね?

子供は特に血管が細かったり、全然出ない子もいるので、余計に手袋が邪魔に感じます。

手袋はかなりの薄い素材ですが、それでも感覚が鈍くなってしまいます。

感覚をつけるのには、やはり練習あるのみです!

検診ナースは採血に不安がある人が多いので、声をかけてお互いに採血練習ができると良いですね。

実際に刺さなくても、手袋をつけて血管の弾力を確認するだけでも全然違いますよ(´∀`)

学校検診は真空管採血が基本

<真空管採血の採血ホルダー:ニプロ株式会社より>

学校検診では、基本的には真空管採血を行います。

ブランクナースでは、真空管採血の経験がない人もいるかもしれませんね。

でも、感染予防のためにも真空管採血が基本になります。

真空管採血は、採血ホルダにスピッツを差し込んで行いますが、採血ホルダは厚みがあるので、血管に対して水平に針を入れるのが難しいです。

注射器による採血なら、注射筒はそれほど厚みがないので、血管に対して水平に針を入れることができるので、血管が細い人や、体が細い人、高齢者などは採血がしやすいです。

真空管採血を行うときは、採血ホルダの厚みを考えると、実際に刺したい場所のかなり手前から針を入れるようなイメージで採血をします。

真空管採血は、スピッツを変えるときに刺入部がぐらついてしまうことがあるので、左手でしっかりと採血ホルダを固定して、針が抜けてしまわないようにしましょう

また、子供にも採血の間は腕を動かさないように、声かけが必要です。

特に小学校低学年の子供は、採血が怖くて動いてしまったり、逃げようとしてしまったりするので、安心する声かけを心がけましょう。

心電図の事前研修

学校検診での心電図測定は12誘導を使用します。

12誘導測定方法は、マニュアルとオートの2種類がありますが、学校検診ではオートで測定を行います

オートの測定の際には、筋電図が入らないように注意する必要があります。

子供は、12誘導を行う間は、体を動かしたり、お話をしないように声かけをしましょう。

肢誘導の方法

電極板をつける場所は、肢誘導は「右手⇒左手⇒右足⇒左足」の順番で「赤⇒黄色⇒黒⇒緑」の順番で装着します。

「秋吉久美子」と覚えると忘れません!なんて、学生時代に先生に聞いた事がありますよね(´∀`)

胸部誘導の方法

胸部は、「胸骨右縁第4肋間⇒胸骨左縁第4肋間⇒V2誘導とV4誘導の中間点⇒鎖骨肘線第5肋間⇒前腋窩線のV4誘導と同じ高さ⇒中腋窩線のV4誘導と同じ高さ」の順番で装着し、「赤⇒黄色⇒緑⇒茶色⇒黒⇒紫」の6色の電極板を装着します。

胸部誘導の場合は、いろいろな覚え方があるようですが、「あきみちゃん、茶をくむ」というパターンがありますよ。

「あ(赤)き(黄色)み(緑)ちゃん、茶(茶色)をく(黒)む(紫)」という覚え方ですね。

実は簡単な12誘導測定

電極板を装着する部位さえ覚えてしまえば、あとはオートで機械が記録してくれますから、看護師は子供に動かないように声かけをするだけです。

病棟や外来勤務の経験があっても、なかなか12誘導を日常的に使う機会はありませんよね。

だから、心電図測定に抵抗を感じる方が多いのですが、事前研修で機械の使い方を習えば、すぐにできてしまいますよ(´∀`)

ブランクあるなしに関係なく、ほとんどの看護師が12誘導には慣れていないので、ブランクが長いからと不安になる必要はありません

オージオメーターの事前研修

学校検診の聴力検査ではオージオメーターという機械を使います。

耳鼻咽喉科で行う聴力検査のように、防音室に入って厳密に検査をするのではなく、会議室や保健室にオージオメーターを置いて、2人同時に検査、または1人用の機械で検査を行います。

オージオメーターってどんな機械

<画像はリオン株式会社さまのHPよりお借りしています>

上記は1人検査用のオージオメーターです。

2人同時に検査できるものや、5人同時に検査できるものもあります。

子供には、ヘッドホンを装着してもらい、音が聞こえたら、ブザーを押すように説明します。

小学校低学年の子供だと、ついつい遊んでしまい、音が鳴っていないのにブザーを鳴らしてしまったり、隣の子供が押したのを真似して押してしまったりします。

検査前には子供に、検査の目的と方法についてしっかりと声かけをしましょう

学校検診では、先生方も見守りでいらっしゃるので、子供たちが聴力検査に集中できる環境作りに努めましょう。

聴力検査の経験がある看護師は少ない

ブランクナースではなくても、聴力検査の経験がある看護師は少ないですよね。

オージオメーターを使った事がある看護師はほとんどいないので、ブランクがあっても特に問題はありません。

学校検診の聴力検査の目的

耳が聞こえにくいと子供はどうなるのかというと、落ち着きがなくなったり、集中力がなくなったり、疲れやすくなったりと、日常生活に悪影響が出てきます

学校は集団生活の場なので、落ち着きのない子供が1人いるだけで、教室の雰囲気は悪くなってしまう事もあります。

でも、聴力検査で耳の聞こえの状態を検査し、早めに治療をすれば、日常生活の困難も軽減しますし、学級運営にも良い影響を与えます。

学校検診の聴力検査は簡易的

学校検診で使用するオージオメーターでは、1000Hzと4000Hzの2種類の音で聞こえの状態を検査します。

この2種類の音が聞こえていれば、日常生活で不便になる事はありません。

オージオメーターのダイヤルは、1000Hzと4000Hzに設定して検査を行います

ダイヤル1つでの設定なので、簡単ですよ!

聴力検査に関して、ブランク看護師だからと言って困ることはありません。

事前研修や、検診当日に現場で手技の確認をするだけで十分ですよ(´∀`)

視力検査の事前研修

学校検診の視力検査は、眼科クリニックで行うのと同じくランドルト環を使った視力検査です。

検査板から5メートル(または3メートル)離れた場所から、ランドルト環の向きを確認します。

視力検査は、3.7.0方式と呼ばれる検査方法で、視力のチェックポイントは「1.0」「0.7」「0.3」の3箇所です

視力10.のランドルト環の方向がわかれば「A判定」、視力0.7のランドルト環の方向がわかれば「B判定」0.3なら「C判定」、それ以下は「D判定」となります。

学校では、黒板の文字が見えるかどうかが大事なので、この3点のポイントのみで視力検査を行います。

最近は視力低下をしている子供が増えており、A判定の子供が減ってきていると言われています。

学校検診の視力検査の目的

学校検診の視力検査では、黒板の字が見える視力があるかどうかという視点で検査を行います。

子供も大人も目から入る情報量は多く、黒板の字が見えなければ、学習に悪影響を与えますし、次第に学習面での遅れが出たり、目が見えにくい事で疲れやすく落ち着きがなくなったり、疲れやすくなったりすることがあります。

視力検査の判定がA以外の場合は、眼科受診をすることになるので、視力検査は正確に行われる必要がありますね

ブランクが長くても、視力検査は特に問題なく行えますよ(´∀`)

ブランクナースでも安心!健診センターの事前研修について

健診センターの事前研修の内容


健診センターでは、入職前に事前研修を行う事はなく、入職後に教育・指導を行います

入職後はしばらく研修期間を設けるという施設もありますし、働きながら業務を覚えてもらうという施設もあります。

健診センターの指導・教育体制は充実している施設が多いです。

健診センターでは検査結果を聞くまでが健診内容に含まれる

健診センターの検査項目には検査結果の説明が含まれます。

結果が出るまでに日数がかかるものは後日になりますが、すぐに結果が分かるものはすぐに検査結果の報告をします。

健康診断で異常が見られたら、提携医療機関や定期受診している医療機関があれば、そちらに紹介状を送り、再検査や治療の運びとなります。

看護師は、各検査内容がどのような検査なのか、検査の目的や意義、検査結果の数値や今後の治療の流れなど、幅広い知識が必要です。

ブランクナースも安心のマンツーマン指導

健診センターでは、教育担当の看護師がしっかりと指導・教育を行います。

検査項目が多岐に渡るので、1つ1つの検査の意義や目的をしっかりと理解していなければ、スムーズに業務をこなすことが出来ません。

また、被験者は、検査内容について詳しくは良くわからない・・・という方がほとんどです。

検査の待ち時間などに、看護師に検査について質問してくる方もいます

その際に、安心できるように説明が出来なかれば信頼関係を築くことが出来ませんよね?

ブランクナースは、医療の知識に対して不安が強い方が多いのですが、研修期間はマンツーマンで指導を受けることができるので、この期間に必要な知識を身につけましょう。

まとめ

学校検診、健診センターともにブランクナースが働きやすい理由を紹介しました。

学校検診がブランクナースにおすすめの理由

医療行為がない学校検診はブランクナースも安心

学校検診は医療行為はほぼありません

事前研修や、検診当日の研修で十分な内容です。

医療行為がほとんどないから、業務は難しいものはなく、ブランクナースでも安心して働くことができます。

健診センターがブランクナースにおすすめの理由

入職後のサポート体制が充実しているから安心

健診センターは、常に新しい検査や、より専門的な精密検査が導入されているため、研修が必要です。

そのため、スタッフは常に研修を受ける機会がある事や、入職後はマンツーマンで指導を担当して貰えるので、ブランクが長い方でも安心して働くことができますよ。

 

 

 - 健診センター・学校検診の看護師求人がおすすめの理由

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

学校検診と健診センターの看護師求人は育児中ナースに人気!

目次1 学校検診の看護師バイトなら育児と仕事の両立ができる!2 健診センターの看 …

健診センター看護師は単発・短期でも働けるの?シフトについて詳しく解説(^ω^)

目次1 健診センターの看護師バイトは週2回から働ける!2 健診センターの出勤時間 …

学校検診の看護師バイトなら単発や短期で働ける!

目次1 単発の看護師バイトなら学校検診バイトがおすすめな3つの理由2 健診センタ …

学校検診・健診センターの看護師ってどう違うの?メリット・デメリットを教えて!

目次1 学校検診と健康診断の目的と意義2 学校検診・健診センターの看護師ってどこ …

学校検診看護師がシフト完全自由の理由を公開(^ω^)

目次1 学校検診の看護師バイトはシフト完全自由で人気!2 学校検診看護師の出勤時 …