健診センターor学校検診 おすすめの看護師バイト求人

バイト看護師におすすめな健診センターと学校検診の特徴について説明しています。

健診センター看護師の給料について(^ω^)ボーナスや福利厚生も充実!

はじめに


健診センターの看護師の業務は、学校・企業・官公庁・老人福祉施設などを巡回する検診業務、センターの施設内で行う一般健康診断・人間ドック・特定疾患健診・がん健診などがあります。

健診センター看護師は、常勤・バイト・派遣のどれを見ても、ほかの職場よりも給料相場が高いと言えます。

では、健診センター看護師は高給と言われる理由を、月給や時給の相場、ボーナス・福利厚生の実例を見ながら解説します。

健診センター看護師は高給って本当?

健診センターで常勤看護師をしています(^ω^)体験談

健診センターって高給って本当?

健診センターの常勤看護師の求人では、月給は30~35万円ほど施設が多いですね。

ボーナスは3ヶ月~5ヶ月くらいまで様々。

健診センターは基本的に日勤業務しかないので、日勤業務だけと考えると高給だと言えますね。

最初は産休代替え派遣で健診センターに勤めました

「最初は3ヶ月以上の勤務」の条件がある、産休代替え派遣で健診センターに入りました。

健診センターに興味を持ったのは、最先端のがん検診や画像診断などに興味があったからです。

給料や福利厚生が充実しているのも大きな理由でした(^ω^)

産休代替え派遣だったので、産休・育休に入っているスタッフが復帰したら終了になるのですが、健診センターは看護師不足な施設が多いので、私が入った健診センターでは、最初は派遣からスタートして直接雇用になる看護師も多かったです。

派遣の良いところは、実際に健診センターの業務内容を経験してから、本当にこの仕事を続けられるのかを自分の目で確かめられるという点ですよね。

実際に働いてみたら想像と違っていた!という話はよく聞くので、直接雇用になる前の職場の様子を知る機会があるのはありがたいですよね!

健診センターには、1人1人に担当部署がある

健診センターでは、健康診断・人間ドック・がん健診・婦人科健診など、さまざまな検査が行われており、看護師の担当部署は細かく分かれています。

問診担当・診察介助担当・内視鏡担当・CT/MRI/エコー担当・採血担当・検温担当などです。

私は欠員のある部署に入ってもらえないか?と言われ、内視鏡の担当になりました。

私が以前に総合病院の内視鏡室に2年弱いたという経緯もあり、とくに不安もなく内視鏡担当となりました。

当部署は、基本的には固定となることが多く、日替わりで担当が替わるようなことはないので、1つの担当部署の業務についてじっくりと勉強することができますし、自分のペースで業務を覚えることができますよ!

1つの部署に対して看護師が複数名いるので、分からないことがあれば、業務に入りながら確認することができます

内視鏡担当の看護師になってみて

内視鏡の担当看護師は、内視鏡のどの部分までの業務を任されるのかは、施設によって違います。

健診センターでは、内視鏡技術師の資格を持っている看護師を優遇しており、前処置や内視鏡中の処置、感染対策、機械の管理や整備、機材の消毒や物品補助など、専門的な仕事まで任されることが多いです。

ただの処置の介助だけということはなく、直接介助をすることが多いため、全くの未経験では大変だなと思います。

内視鏡室の看護って、実はすごく覚えることがたくさんありますし、慣れるまでに半年~1年は掛かりますよね。

私が勤めていた健診センターは、看護師は看護業務に専念できるようにと、機材洗浄担当のスタッフが数名いました。

内視鏡の機械や機材の洗浄は、専門的な知識がないとできないし、手順が複雑で、高価な部品が多いから注意が必要だし・・・できれば避けたいな~と思っています。

なので、機材洗浄の担当スタッフがいる健診センターは、本当にありがたいし、洗浄スタッフがいなければ、とても手が足りません。

このセンターでは用手洗浄のあとに機械洗浄をするのですが、7台の機械は常にフル稼働していました・・・。

健診センターは、施設の規模によっても異なりますが、1日の平均患者数は100人を超える施設が多いですよね。

内視鏡を受ける方もたくさんいるので、内視鏡担当の看護師は、業務中は座っている暇なんてありません。

ドクターからの指示で動き回り、次の検査の方に声かけをして、前処置を行ったり、検査を終えた方は、セデーションが残っていればベッドで安静にしてもらいながら状態観察をしたり。

とにかく業務が複雑で多い!それが内視鏡担当の仕事です。

健診センターは医療行為が少ないとは言うけど・・・。

健診センターの主な医療行為は、採血・静脈注射・ブドウ糖負荷試験・FDG投与・血糖測定・内視鏡看護などです。

その中で、未経験だとちょっと大変かな?と思うのは内視鏡看護です。

ほとんどの健診センターでは、内視鏡担当の看護師を募集していますが、未経験でも可としています。

でも、業務を通して知識や経験を積んで、内視鏡技術師の資格取得のバックアップをしているため、本当は経験者や資格取得者が欲しいのが本音だと思います。

内視鏡担当の看護師は、とにかく忙しいので、研修やセミナーを通して内視鏡看護を学ぶ機会はたくさんありますが、慣れるまではなかなか思うように業務をこなすことが出来ません

指導・教育体制が整った健診センターなら、マンツーマンで指導に入ってくれて、直接介助の指導や、前処置の方法など細かく教えてもらえます。

私が勤めていた健診センターは、研修制度がとても整っている施設だったので、内視鏡室の経験が長い方が指導担当になってくれて、最初の2週間はマンツーマンで指導に入ってくれました

健診センターは福利厚生やボーナスが充実している!

福利厚生はどんなものがあるの?

資格習得補助

健診に関する資格を取得する場合は、施設から補助が出ます。

健診センターで推奨している資格は、内視鏡技術師の資格ですね。

この資格は、内視鏡看護の経験が3年以上ないと受験資格がないので、まずは経験を積む必要があります。

住宅補助

住宅補助が高額だったり、借り上げマンションを借りることができたり、住宅補助が充実している施設が多いです。

交通費支給

都心部の健診センターは駅チカだったり、交通の便が良い施設が多いのですが、交通費の手当はしっかりともらえる施設が多いです。

私が勤めていた健診センターは、マックス10万円まで支給されます。

休日・休暇

健診センターは土日祝日、年末・年始やGWは休診という施設が多いので、年間休日は多いです。

私が勤めていた健診センターは、年間休日135日以上でした。

連休保証

大型連休が取れる施設が多いです。私が勤めていた健診センターは、大型連休の実績が14日以上でした。

健診センターの繁忙期と被らなければ(冬は比較的に空いている)、大型連休を取ることが可能です。

私は派遣看護師としてスタートしたので、年休の発生はありませんでしたが、休み希望は100%通りましたし、シフトの自由度は高くて働きやすいと思います(^ω^)

ボーナスが高い!?

私が勤めていた健診センターは、ボーナス4.2ヶ月でした。

フルパートの同僚に聞いた話では、夏・冬ともに60万円弱くらいと言っていました!

健診センターは基本給が高い施設が多いので、ボーナス額も高くなりますね。

私は派遣看護師で、期間限定での勤務だったので、ボーナス支給の対象ではありませんでしたが、派遣看護師でも一定の条件を満たせば、派遣会社からボーナスが支給されますよ!

健診センターの看護師派遣の給料はどのくらい!?

看護師健診の時給について

看護師派遣は時給が高い!

健診センターの求人に限らず、派遣看護師はバイトやパートに比べると時給は高いです。

バイト看護師と派遣看護師では、時給200~500円ほどの差があります

時給200~500円の差だと、日給数千円の差になりますよね。

日給で数千円の差なら、月給にすると数万円の差になります。

これが数ヶ月となると、相当な差が出てきますよね。

健診センターの場合は、派遣でも直接雇用でも給料に大きな差はない

健診センターは、もともとの基本給や時給が高いので、派遣看護師の時給と比べてもそれほどの差はありません。

時給にすると100円か200円くらいの差でしょうか。

ほかの職場だと、時給500円くらいの差の職場もあるので、派遣以外の仕事はしたくない!という方も多いんですけどね。

健診センターの時給は2300円でした。

私が産休代替え派遣をしていた時の時給は2300円でした。

期間限定派遣だったので、ボーナスの支給はなく、とくに手当などはなく、時給×勤務時間でした。

健診センターの看護師の月給は30万円ほどの施設が多いので、月に20日勤務するとなると日給換算で15,000円です。

派遣看護師の時給が2,300円だったので、1日7時間勤務すると、日給換算で16,100円です。

ボーナスや手当などを含めると、常勤やパートの看護師と、派遣看護師では給料の差はそれほどありません。

長期的に安定して働けるという点では、派遣看護師よりも常勤やパートの看護師の方が魅力的ですよね。

健診看護師の働く場所は健診センターだけじゃない!?

健診看護師が働く職場はいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

それぞれの職場で、どのような特徴があるのか見てみましょう。

病院・クリニック併設の健診センター

病院・クリニック併設の健診センターの特徴

健診センターの中で最も一般的なのが、病院・クリニックに併設された健診センターです。

同じ敷地内に健康診断センターや、健康管理センターなどの名称で施設が併設されています。

公立病院・独立行政法人病院・私立大学病院・民間病院など、母体は様々です。

病院・クリニック併設の健診センターのメリットは、専門性の高い検査が受けられる点や、専門医が在中しており、検査結果によってはすぐに治療が開始できること、治療後も病院と健診センターが連携して健康管理を一貫して行えることなどがあります。

規模の大きな健診センターでは1日の平均患者数が多く、在籍する医師や看護師の人数も多いです。

最先端の検査を学べるチャンス!

病院やクリニックによって、備えている検査機器や、行える検査の種類が異なります。

大学病院に併設する健康管理センターでは、最先端のがん検査であるPET-CTを行うことで、今まで発見できなかった早期のがんを発見することができます。

また、PET-CTは、CTやMRIのように体の部位ごとに撮影するのではなく、全身を一度に隈なく検査することが出来るので、体への負担も少ない検査です。

検査結果は、画像診断専門のドクターが解析を行い、異常の早期発見や健康維持に役立てています。

他にも頚動脈超音波、心臓超音波などを行い、生活習慣病から起こり得る疾患を早期に発見することができます。

病院併設ならではの処置・内視鏡検査

病院併設の健診センターだからこそ、必要な医療処置が行える事もメリットの1つです。

下部消化管内視鏡・上部消化管内視鏡検査では、ERCP・EST・大腸ポリペクトミーなどを行うことができます。

専門性が高い看護師が求められる

検査の知識や技術はもちろんですが、専門的で最先端の検査を行うわけですから、常に研修やセミナーへの参加が必要になります。

病院やクリニック併設の健診センターでは、セミナーや研修を頻繁に行っていて、スタッフの専門性の向上に努めています

やりがいのある仕事

健診センターは医療行為が少ないからブランクが心配・・・とか、看護師としての資格を生かせないのでは?という不安を持つ方もいますが、やりがいのある仕事ができる環境であることは間違いないです。

専門性の高い看護を行えるスタッフが多いため、ドクターからの信頼が厚いスタッフがたくさんいます。

知識や経験を積んで、やりがいのある仕事だと感じるスタッフがたくさんいますよ(^ω^)

独立型健診センター(提携病院あり)


病院やクリニックに併設していない完全独立型の健診センターです。

提携病院や協力病院を持ち、検査結果で異常が見つかれば、病院を紹介するというシステムをとっています。

病院・クリニック併設の健診センターと比べると、病院を紹介する手間があるので、患者さんにとっては、スムーズに治療を開始できない、再検査が必要な場合は病院を紹介してもらわなければならないというデメリットがあります。

看護師にとっては、病院・クリニック併設型と違いはない!?

健診センターでは、健康診断や人間ドックを行うという業務に変わりはありません。

ただ、施設によって行える検査に制限があったり、オプション検査の種類が少ないなどのデメリットがあります。

人間ドックの検査は、オプションを入れるとかなりの数の検査があり、どれを選んだらよいのか?本当に自分に必要な検査なのか分からない・・・ということがよくあります。

健診センターでは、健診のアドバイスを受ける専門のスタッフ(健診コーディネーターやコンシェルジュ)が常駐している施設もあります。

専門スタッフがいない場合は、相談の問い合わせなどがあったときは、看護師が対応する事もあるので、しっかりと知識をつけて、患者さんの不安を取り除けるようにできると良いですね(^ω^)

独立型健診センターの看護師給料について

病院・クリニック併設の健診センターの看護師と、給料は同程度です。

派遣看護師の時給は1,800~2,500円ほどです。

健診センターの看護師派遣で時給2,000円以上の求人は首都圏に多く、地方の健診センターの時給は1,800円前後の求人が多いです。

総合保険センターなどの公的機関


各自治体にある総合保険センターは公的機関であり、各種健診を行っています。

健康診断には、一般健診・付加健診・乳がん・子宮頸がん検診・肝炎ウィルス検査があります。

保健センターでは、健康保険適応の一般健康診断から、一部オプション検査を行っていますが、病院やクリニック併設の人間ドックに比べるとオプションの種類は少ないです。

ただ、良心的な料金で、健診やオプション検査を受けることが出来るので、どのオプション検査が必要なのか分からないという方には受診しやすい施設です。

健診の医師は、各自治体の医師会から派遣されることが多く、健診専門の医師というワケではありません。

公益財団法人総合保険センターについての詳細(世田谷区保健センター)はこちらから。

保健センターの健診看護師求人

保健センターでは、常勤・パートの看護師が中心で、割合は少ないですがバイト看護師もいます。

各自治体のHPや保健センターのHPなどで求人募集をしていることが多いです。

または、公的な機関であることから、広報に求人情報が載ったり、ハローワークやナースバンクで募集される事もあります。

保健センターの健診看護師の時給は安い

保健センターは公的な機関であるため、営利目的での健診業務を行っていないという事もあり、看護師の時給は低めです。

各自治体にもよりますが、安い求人だと、時給1,200円ほどの求人もあります

年配の看護師が多い

公的な機関という安心感や、ハローワークなど公的な機関での募集が多いことから、40代以降の年配の看護師が多いと言われています。

ほとんどが家庭のある看護師で、ある程度、子供に手がかからなくなった方などが多いです。

家庭と仕事の両立を希望する方や、非常勤でマイペースに働きたい方などが多いです。

予防医学協会(公益財団法人)

こちらも公的な機関で、各都道府県に数箇所あります。

特徴は保健センターと似ていますが、求人数はこちらのほうが圧倒的に少ないです。

健診・人間ドック・巡回検診などを行いますが、バイト看護師の募集では、学校検診バイトの求人が多いです。

予防医学協会では、巡回検診で学校検診を行っており、学校検診の繁忙期である4~6月に短期バイト看護師を募集することがあります。

予防医学協会の健診看護師の給料について

予防医学協会は公的な機関のため、給料相場は低めです。

各自治体により給料相場はことなりますが、だいたい時給1,200円~1,500円ほどです。

公益財団法人とは

行政庁から公益性を認められた財団法人を公益財団法人と言います。

公益財団法人に認定されるためには、厳しい条件を満たし、行政庁の審査をクリアしなければなりません。

なによりも公益性を認められなければならず、医学予防協会では国民の健康維持や増進のための健康診断や人間ドックなどの事業を積極的に行っています。

公益財団法人の医学予防協会について詳しくはこちらから(東京都医学予防協会)。

結核予防会(公益財団法人)


結核予防会は公的な機関で、各都道府県に数箇所あります。

結核予防が主な目的であり、胸部レントゲン検査をメインで行う施設から、健診業務全般や人間ドックまで幅広く行う施設まで様々です。

結核予防会の看護師募集は、学校検診の短期バイトの求人が多いのですが、求人数はそれほど多くなく、学校検診の繁忙期(4~6月)のみの募集となります。

学校検診の閑散期(11~3月)は、仕事がなくなってしまうので、コンスタントに働きたい方には不向きです。

結核予防会の健診看護師の給料について

結核予防会も公的な機関であるため給料相場は低めです。

時給は、予防医学会と同程度で、1,200円~1,500円前後です。

公益財団法人結核予防会の詳細はこちらから(公益財団法人結核予防会

まとめ


健診看護師の時給相場は各施設により異なることを紹介しましたね。

病院・クリニック併設の健診センターは高給求人が多い

病院・クリニック併設の健診センターは、高給求人が多いです。

時給相場は、1,800円~2,000円ほどです。

バイト看護師よりも派遣看護師の方が時給が高い

健診センターのバイト看護師の時給相場が1,800円~2,000円ほど。

健診センターの派遣看護師の時給相場は、1,800円~2,500円ほどです。

ただ、時給2,000円以上の派遣求人は首都圏に集中しており、地方では2,000円以上の求人は少ないです。

公的機関での健診バイト・健診派遣は給料低め

保健センターや結核予防協会などの公的機関の健診バイト・派遣は、時給1,200円~1,500円ほどと低めです。

また、求人数が少ないので、見つけるのが難しいです。

好条件の健診看護師の求人を見つけたい!

派遣求人が豊富な看護師求人サイトがおすすめ!

健診に限らず、バイト看護師よりも派遣看護師の方が時給が200~500円高いのが一般的です。

看護師求人サイトは、派遣求人の紹介ができるものと、紹介不可のものがあります

好条件の健診看護師の求人を希望するなら、派遣求人が豊富なメディカルコンシェルジュがおすすめ(^ω^)

 - 健診センター看護師と学校検診看護師の給料や待遇について

PR

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

健診センターの派遣看護師の体験談(^ω^)扶養範囲内で働くには、週何日働ける?

目次1 扶養範囲で働くなら、健診センターの看護師バイト・派遣がおすすめ(^ω^) …

健診センターの短期派遣体験談(^ω^)ダブルワークの注意点や税金について

目次1 はじめに2 派遣看護師と税金について。マイナンバー制度3 健診センターで …