【健診センター学校検診の違い】おすすめの看護師バイトは?

バイト看護師におすすめな健診センターと学校検診の特徴について説明しています。

健診センターのバイト看護師の体験談(^ω^)扶養範囲内で働くには、週何日働ける?

扶養範囲で働くなら、健診センターの看護師バイト・派遣がおすすめ(^ω^)

はじめに

扶養範囲内でマイペースに働きたい!と思っている方が、無理なく仕事と家庭の両立ができる方法を紹介したいと思います。

まずは、扶養範囲内に抑えるための目標の月収や出勤日数・労働時間についておさらいしてみましょう(^ω^)

扶養範囲のバイトは月にいくらまで稼げるの?

バイト看護師の多くが、扶養範囲内で働きたいと希望しています。

扶養範囲内の意味と、一番お得に働くにはどうした

ら良いのか考えてみましょう。

扶養範囲内の意味

扶養範囲という言葉、よく聞きますが、実際には一体いくらまで稼いで良いの?稼ぎすぎると、損するんだよね?と思っている方も多いと思います。

扶養範囲内とは、「扶養控除を受けられる上限内の金額」で働くという意味です。

103万円の壁って何?


よく聞くのが「103万円の壁」という言葉で、月額8~9万円の月収を超えると、103万円の壁を越えてしまいます

では、103万円の壁を越えるとどうなるのでしょうか??

103万円という数字は、一体どこから出てきたのでしょうか?

先ほどお伝えしたように、扶養範囲内で働くということは、「扶養控除が受けられる上限額内」で働くという意味でしたね。

 

年収が103万円以下の場合、「給与所得控除」として65万円、「基礎控除」として38万円の2種類の控除が受けられられるのですが、年収が103万円以上となると、この2種類の控除が受けられなくなり、妻に所得税が課税されることになります。

妻は所得税が課税されるため、手取りの金額は減り、配偶者控除を受けられないご主人の税金は増えるため、手取り年収が減ってしまうわけです。

また、妻の年収が103万円以下の場合、会社から「配偶者手当」「扶養手当」が支給されている場合は、支給が停止されてしまいます。

この配偶者手当・扶養手当は、会社により金額が規定されており金額は一律ではないですし、この手当自体がない会社もあります。

公務員に限って言うと、2017年4月現在では、「配偶者手当として1万3000円」「22歳未満の子供1人につき扶養手当として6,500円」が支給されています(2017年度から順次削減が決まっています)。

つまり、妻の年収が103万円を超えると、「妻の所得税が課税される」「夫の扶養控除が対象外となる」「会社からの家族手当・扶養控除手当が対象外となる」ということになり、世帯の年収が減ってしまうのです。

130万円の壁もあるよね?


次に妻の年収が130万円を超えると、社会保障制度への加入が義務付けられます。

それまでは、扶養家族としてご主人の会社の社会保険に加入できていたものが、自分の負担で入る必要が出てきます。

基礎年金についても同じで、今までは扶養家族として年金の支払いは免除されていたものが、自分の負担での支払い義務が出てきます。

基礎年金の負担と、社会保険料の負担の2つの負担が出てしまうため、世帯の年収は上がっても、手取の年収は下がってしまいます。

バイト看護師が扶養範囲内で働くためには、どれくらい働けるの?

扶養範囲内で働く看護師は、どんな職場で働いているの?


扶養範囲内で働く場合は、1日の労働時間が4~6時間など短い場合が多いので、時短勤務が可能な職場や、午前のみ午後のみの出勤が可能な職場ということが条件になります。

では、扶養範囲内で働く看護師がどのような職場で働いているのか見てみましょう(^ω^)

健診センターで扶養範囲内で働く

健診センターは、午前のみ・午後のみ、時短勤務など、シフトの自由度が高いのが魅力です。

健診センターでは、健康診断や人間ドックが行われていますが、それぞれ検査の開始時間が異なるため、終了の時間も異なります。

朝一で健診スタートの患者さんは、一般健康診断ならお昼前には検査が終わりますし、午後一で健診スタートの患者さんなら、15時~16時には検査が終わります。

午前健診の患者さん、午後から健診の患者さんなど、さまざまなニーズがあるので、それに合わせて出勤時間が選べるんですね(^ω^)

デイサービスセンターで扶養範囲内で働く

デイサービスは、扶養範囲内で働くバイト・派遣の看護師が多いです。

出勤時間や退社時間の選択肢が多く、時短勤務がしやすいのが働きやすいポイントです。

また、扶養範囲内の金額を超えそうという理由での日数調整もしてくれますし、扶養範囲で働きたい方には気軽に働ける職場です。

周りも扶養範囲内で働くスタッフが多いので、シフトの希望を伝えやすいのも魅力の1つです。

訪問看護ステーションで扶養範囲内で働く

訪問看護ステーションは、1軒の訪問時間が細かく決まっていて、だいたい60分の訪問が中心です。

これに移動の時間も含めて、1軒あたり、80~90分程度で仕事が終わります。

訪問看護ステーションは看護師不足が日常的で、時短勤務や変則勤務であっても働いて欲しいという事業所が多いので、シフトの自由度は高いです。

1日2時間から可という事業所もあり、扶養範囲内で働きたい方にとっては、とても働きやすい職場です。

医療機関では扶養範囲内で働くのは難しい!?


病棟・外来・クリニックなどの医療機関では、患者さんの受け持ちが決まっていたり、プライマリーナーシングを行っていたり、検査出しやオペ出し、入退院の担当などがあり、好きな時間で働くのは難しい職場です。

また、曜日や時間固定での求人が多いので、扶養範囲内でマイペースに働きたい方には不向きな職場と言えます。

扶養範囲内で働くためには、シフトの自由度が高くなければ難しい

シフトの自由度が高いってどういう意味?

扶養範囲内(年収103万円以下)で働きたい場合、月収は8~9万円までに抑える必要があります

でも、普通のバイトでは、曜日や時間は固定で決まっていることが多いため、「今月は扶養範囲を超えそうだから、休みください!」とは言いにくいものです。

バイト看護師の時給相場が1,500~1,800円なので、1日6時間勤務すると、日給は9,000円~10,800円となります。

月収8~9万円に抑えるとなると、月に8~9日しか働けません。

1日の労働時間を減らして日数を増やすか、週2日勤務が可能な職場を探すかということになりますね。

「今月は扶養範囲内を超えそうだから、休みください!」が可能なのは、健診センターや学校検診のバイト・派遣看護師かなと思います。

とくに派遣看護師の場合は、シフトの調整は派遣会社が行うので、日数調整のために月末を休みにしたいという場合は、コンサルタントに伝えれば休みの調整を代行してくれます。

出勤日数を自由に変更したいという場合は、シフトの自由度が高い職場を探すか、派遣看護師として働いてシフト調整を派遣会社に代行してもらうかが良いですね。

ママさんナースが扶養範囲内で働くときの注意点

保育園の入所基準を満たさない場合


保育園に入れて、マイペースに働きたい!という方は、保育園の入所基準を満たす必要があります。

保育園の入所基準は、各自治体により違いますが、加点方式をとっている自治体では、扶養範囲内で働いている場合は、常勤やフルパートの方と比べると、かなり点数が低くなってしまい、保育園激戦区などでは入所は難しいですね。

保育園は幼稚園に比べると、預かりの時間が長く、長期休暇もないため、仕事をしている人にとっては、仕事と家庭の両立ができるというメリットがあります。

幼稚園に通うとなると、朝は遅く、帰りは早いというデメリットがあり、長期休暇のあずけ先なども考えなければなりませんよね。

扶養範囲内で働いている看護師の多くは、子供を幼稚園に入れて、幼稚園の延長保育を利用していたり、子供が小学生になってから働き始める方が多いですね。

子供が小学生になれば、朝は7時すぎには家を出て、低学年であっても帰宅は15時前後の日が多く、長期休みのみ学童保育に行くという選択もありますよね。

小1の壁という言葉もありますが、時短勤務が可能な職場なら、小学校低学年の子供がいるママさんナースでも無理なく働くことができますよ(^ω^)

幼稚園では思うように働けない!?


幼稚園は朝は8時30分~9時にスタートして、帰りは14時~15時という園が多いですよね。

迎えに行く場合は、時間厳守だったり、バスの場合は少し早めにバス停で待たなければならないなど、時間を有効に使いたい人にとってはデメリットが多いのです。

子供が幼稚園に行っている時間で働きたいという場合は、子供を見送ったあとに出勤となると、9時くらいのスタートでしょうか。

お迎えの時間も考えると14時には仕事を終えたいという方が多いでしょう。

そうすると、1日の労働時間は昼休憩の1時間を覗くと、4時間~5時間しか働けません。

9時~14時の勤務が可能なバイトがあれば良いですが、14時終わりが可能な職場というと、病棟や外来・クリニックなどは難しいですね。

デイサービスや訪問入浴、訪問看護、健診センターなどは、出勤時間の選択肢が広いので9時~14時の勤務でも可能でしょう。

医療機関で働きたい!という方は、9時~14時ころまでしか働けない場合は難しいということですね。

健診センターで派遣看護師の体験談(^ω^)扶養範囲内でストレスなく働く!

健診センターで紹介予定派遣

紹介予定派遣を選んだ理由!

私は、以前から健診センターでの仕事に興味がありました。

病棟や外来ではない仕事がしてみたかったし、何よりも高給でボーナスも高いというのが気になっていました。

でも、健診センターに勤務する知り合いもいないし、実際はどんな職場なんだろう?給料が高いだけあって、ハードワークなんじゃない?と不安もあり、まずは紹介予定派遣で職場の様子を実際に見てみようと思いました

ちょうど、近所に新設の健診センターがオープンになり、オープニングスタッフの募集がありました。

私は看護師求人サイトからその情報を聞き、紹介予定派遣の提案をされました。

希望の職場があるけど、実際に働いてみたらこんなはずじゃなかった!と転職を後悔する看護師が多いと聞き、紹介予定派遣なら実際に希望の職場で働いて、自分に合う職場なのかを体験することができます

もし職場が合わなかったら・・・゚゚(゚´Д`゚)゚紹介予定派遣では断りにくい!?

私と同時に紹介予定派遣で入った看護師は、「もともと直接雇用になる気はない」「派遣期間が切れたら、次の職場を探す予定」という方が何人もいました。

紹介予定派遣は、雇用側と派遣看護師の双方が「直接雇用を希望する」ことで、おおむね6ヶ月以内に派遣看護師から直接雇用に移行するという制度です。

なので、派遣看護師側が「職場が合わない」という理由で直接雇用を拒否する事もできます

紹介予定派遣で入職すると、職場の方から「いつから直接雇用になれる?」とか「直接雇用になったら、何曜日に出れる?」なんて聞いてくる職場もあると聞きましたが、私が紹介された健診センターでは、雇用に関しては雇用側と派遣会社が交渉をしていたので、私に直接何か聞いてくるようなことはありませんでした。

私と同時に紹介予定派遣で入った看護師は、私以外は皆さんほかの派遣先を選んで辞めていきましたが、直接雇用が断りにくいとか、揉めるようなことは一切なく、全て派遣会社が交渉を進めていましたよ(^ω^)

派遣会社は希望や条件の交渉を代行してくれる!

派遣看護師なら職場と直接面接をする必要がない

派遣看護師の雇用主は派遣会社なので、職場が派遣看護師を選ぶこと(直接面接で雇用の可否を判断することはできない)はできません

派遣看護師は派遣会社に登録する際に、履歴書を渡します。

派遣会社は看護師に希望や条件の聞き取りや、今までの経験などについて質問することはありますが、面接はとくにありません

派遣看護師で良かったなと思うことは、私は面接が苦手で緊張してしまうので、派遣の場合は職場との面接の必要がないので、気楽でした。

もちろん、面接はなくても、職場との顔合わせはありますよ(履歴書はこのときに職場の方に渡されます)。

顔合わせの際には、雇用側から質問を受けることはありますが、雇用の可否を決めるような質問は一切ありませんし、雇用側が看護師の雇用の可否を決定することは出来ません

派遣看護師のうちは派遣会社が全てを代行してくれる

派遣看護師の雇用主は派遣会社なので、看護師からの希望は派遣会社を通して職場に伝えられます。

例えば、時給アップ交渉は派遣会社を通して行われます

自分から「給料上げてください!」なんて言いにくいですよね??

でも、派遣看護師なら派遣会社が給料アップ交渉を代行してくれますし、給料アップ交渉は一般的に行われることなので、全く遠慮する必要もないと派遣会社のコンサルタントさんが言っていましたよ(^ω^)

出勤日数・勤務時間の交渉も全て派遣会社が代行します。

私は扶養範囲内で働きたかったので、出勤日数の希望というよりも、月収が8~9万円に収まるように働きたいと希望しました。

派遣看護の場合は、シフト調整を派遣会社が行うので、月収8~9万円に収まるようにシフト調整をするのは派遣会社の役目です。

派遣看護師の時給は2,200円で、私の希望は週に2回~3回の勤務で、午前のみの出勤というスタイルでした。

今年、小学校に入学した子供は学童保育に入っていないので、最低でも14時までには家にいたい!ということで、午前のみの勤務を希望しました。

また、小学校の低学年のうちは、参観日や懇談会、遠足のボランティアなど、いろいろと学校の様子を見に行きたいと思っていたので、週に5日でみっちり働いてしまうと、絶対にストレス溜まるな~と思っていました。

週に2~3日勤務で、曜日は固定せずにイレギュラーに出勤できること、午前のみの勤務でOKとの条件で働くことになりました。

これって、なかなか破格の条件ですよね!?これなら、仕事と育児の両立ができるし、そこそこ仕事をして気分転換もできる!最高の環境です(^ω^)

健診センターは本当にシフトの自由度は高いのか!?

結論から言うと

健診センターはシフトの自由度が高いです。

これは、派遣看護師だったからシフト調整を派遣会社が代行してくれたから、そう思えたのではなく、直接雇用になってからも変わりません!

健診センターがシフトの自由度が高い理由

健診センターでは、時間差でさまざまな検査が行われているので、それぞれの時間帯で看護師が必要というのが理由でしょうか。

私が勤めている健診センターでは、早朝健診というものがあり、健診の開始時間が7時です。

スマートシステムを採用しているので、すぐにデータが出て、9時には検査データが揃い、ドクターの診察を終えて帰宅することが出来るので、午前のみ半休を取って健診に来られるサラリーマンが多いです。

7時健診スタートだと終了は9時です。

一般の健診は8時30分にスタートするので、終了は10時30分頃です。

10時30分スタートでは、12時30分頃に終了です。

これで午前の健診は終了。

午後は13時30分の開始で、15時30分に終了します。

このように、いくつかの時間枠で分けて健診を行っているので、それぞれの時間帯で看護師が必要ということです。

私は9時~13時までの出勤なので、午前の部で健診を行う方の検査に立ち会う仕事なワケです。

健康診断以外にも人間ドックがあったり、オプション検査や精密検査などで長時間の拘束時間が必要になる方もいますから、午後移行もそれぞれの時間帯で看護師が必要になるので、午後のみの出勤のバイト看護師もいますよ。

健診センターはどんな看護師が多いの?


健診センターの看護師は、ほとんどが30代以降の方で、家庭のある方が大半です。

小さな子供がいるママさんナースもいますし、小学生の子供がいるママさんナースも多いです。

ブランクの長い方が健診センターで復帰するという事も多いですね。

私が働く健診センターは、バイト・派遣の看護師も合わせると40人~50人の看護師がいて、それぞれの時間帯で10人前後の看護師が検査にあたっているという状況です。

健診センターでは、常勤よりもフルパートや時短パートのスタッフの割合が高いかもしれません。

育児中の看護師だと、常勤でバリバリ働くのは難しいですし、保育園に預けているママさんナースだとフルパートや時短パートを選んでいる方が多いですよ。

私のように扶養範囲内での希望の方も多いです。

扶養範囲内を希望する方は、育児中の方か、もう少し年配で体力的にキツイからという理由で出勤日数や時間を減らして働いている方もいますよ。

健診センターでは、育児と仕事の両立が可能なの?

結論から言うと

結論から言うと、健診センターでは育児と仕事の両立は可能だと思います。

私も含め、育児中の看護師の割合が高いですし、皆さん育児と仕事の両立を希望して健診センターを選んでいるので。

健診センターって残業はあるの?

時短勤務や午前のみ、午後のみの勤務のバイトや派遣看護師の場合は、残業はほぼありません

でも、常勤やフルパートの看護師の場合は、シーズンによっては残業が多いと聞きます。

どの会社も社員に健診を受けてもらいますが、健診の時期は被ることが多く、4~9月頃が健診が増える時期ですね。

7~8月は、学校や大学が長期休暇に入るシーズンと言うことで、教育関係の方たちの健診件数が殖えます。

シーズンや曜日によっても健診件数が違うので、予約が多く入っているときは、残業もあります。

とくに常勤だと、業務も忙しい時期がありますが、それに加えて、勉強会やセミナーに定期的に参加されていますし、施設内での研修は頻繁にあるので、業務以外にもやることが多いという印象ですね。

また、常勤の方だと、患者さんのデータ管理や、予約管理も一緒に行っているので、バイトや派遣看護師にはない負担が大きいと思います。

どこの職場でも、バイトや派遣看護師に比べたら、常勤やフルパートの負担は大きいですよね。

常勤やフルパートをしながら育児と仕事を両立させている方もたくさんいるので、バイトや派遣に比べると負担も大きいけど、やりがいも大きい仕事だろうなと思っています(^ω^)

健診センターで派遣看護師の体験談のまとめ

健診センターで実際に働いてみての感想

想像していたよりも忙しいという印象です!

私が勤める健診センターは、1日の来院患者数が150人くらいと多い施設なので、常に時間との勝負という感じです。

いかに患者さんを待たせないか、スムーズに健診が行えるか、検査ミスがないか、など正確にスピーディに健診を行う必要があります。

健診センターって、完全予約制だから、もう少しのんびりしているかと思ったら、看護師はどの時間帯もシャキシャキと動き回っています。

そのためか、あっという間に終了時間が来ていたりしますね(^ω^)

紹介予定派遣から直接雇用になった理由

紹介予定派遣で実際の職場の様子を知ることができ、この職場なら育児と仕事の両立が可能だと思ったので、半年後に直接雇用となりました。

直接雇用になってから変わったことといえば、時給が200円ほど安くなりましたが、それでもそれ以外の労働条件は全く変わっていません。

周りもママさんナースが多いので、子供の急病での欠勤も快く対応してくれます。

子供が小学生になると手が離れて働きやすくなる!と思いきや、小学生の子供がいると、やらなくちゃいけないことが山のようにあります。

宿題もみなくちゃならないし、PTAや地区の仕事もあります、参観日に懇談会と忙しいです。

でも、扶養範囲内でマイペースに働けるのでストレスは全くありません。

今は、週に2~3日ほど9時~13時の勤務をしていますが、このペースなら扶養範囲内に収めることができますし、仕事と育児の両立も十分にできます(^ω^)

私は紹介予定派遣で職場の様子を知ってから入職が出来てよかったと思っていますよ!

派遣看護師をしていた半年ほどで、職場のスタッフとの人間関係も築けたので、直接雇用になってからもスムーズに業務に入ることが出来たのも良かった点だと思います。

扶養範囲内が希望なら健診センターがおすすめ

扶養範囲内で働くことが希望なら、絶対にシフトの自由度が高い職場がおすすめです!

扶養範囲内の給料は、看護師の時給だとすぐに超えてしまいます。

私の主人は公務員という事もあり、毎月妻の通帳の給与所得の確認があります(コピー可ですが)。

ひと月でも10万円を超えてしまうと、即扶養控除が解除になってしまいます!

残業をしたり、もろもろ手当がつくと、10万円は結構あっという間に稼げてしまうので、時短勤務や午前のみ、午後のみなど自由な働き方ができる健診センターなら、シフトの調整がしやすいのでおすすめですよ!

それに、健診センターでは扶養範囲内で働く看護師が多いので、扶養の金額を超えないようにシフト調整をしているので、シフトの希望が伝えやすい雰囲気がありますしね(^ω^)

まとめ

扶養範囲で働くためには

シフトの自由度が高い職場がおすすめ

扶養範囲内で働くためには、週2~3日勤務が可能、1日4時間からの時短勤務が可能、午前のみ・午後のみの勤務が可能など、シフトの自由度が高い職場でなければ難しいです。

健診センターなら扶養範囲内で働ける

健診センターはシフトの自由度が高いこと、周りのスタッフも扶養範囲内で働いている方が多いなどの理由で、扶養範囲内を希望する方が働きやすい職場です。

健診センターなら、扶養範囲でどのくらい働ける?

出勤日数はどのくらい?

健診センターなら、週2日からOKの求人が多いので、週に2日~3日くらいで働いている方が多いです。

勤務時間はどのくらい?

健診センターで扶養範囲内で働くなら、日給を10,000円以内に押さえる必要があります。

健診センターの看護師の時給は1,500~1,800円ほどなので、1日の勤務時間は4~6時間の時短勤務をしている方が多いです。

時給1,800円、1日4時間、週2日勤務の場合

時給1,800円×4時間=日給10,800円

週2日勤務(月に8日間勤務)8日×日給10,800円=86,400円

扶養範囲内に収めるには、月収8~9万円がベストなので、月給86,400円なら上限額をオーバーする危険もありませんね(^ω^)

 

 - 健診センター看護師バイト求人

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブランクOK?健診センターのバイトナースとは?

目次1 健診センターの求人がブランクナース歓迎の理由2 ブランクナースでも安心! …

健診センター看護師バイトのメリット・デメリットは?

目次1 健診センターの看護師バイトがおすすめの3つの理由2 まとめ 健診センター …

健診センターの短期バイト体験談(^ω^)ダブルワークの注意点や税金について

目次1 健診センターの短期バイト体験談2 派遣看護師と税金について。マイナンバー …

健診センター看護師バイトは子育てナースがおすすめな理由

目次1 健診センターの看護師バイトなら育児と仕事の両立ができる2 まとめ 健診セ …

健診センター看護師バイトの給料について(^ω^)ボーナスや福利厚生も充実!

目次1 はじめに2 健診センター看護師は高給って本当?3 健診センターは福利厚生 …

健診センター看護師バイトは単発・短期でも働けるの?シフトについて詳しく解説(^ω^)

目次1 健診センターの看護師バイトは週2回から働ける!2 健診センターの出勤時間 …